BRMとは

brm_logo.jpg

マイニングは、高性能の機械を持っている方が有利で、マイニングに成功し易いと述べましたが、BRMは最新のマイニング機器の開発に成功したASIC製造企業と、巨大マイニングファームと提携しています。つまり、収入源を確保するのに有利と言う事です。

マイニングは、マシンが高熱を持つため、常にそれを冷やすために空調が必要になります。その電気代が日本では高額なので、電気代が安い中国や、気候が涼しいアイスランドなどに工場が集中しています。

2017年10月には日本企業のDMM.comやGMOといった大企業が仮想通貨のマイニング事業参加を表明しています。マイニングには、それだけの魅力があるという事でしょう。

コンピューター.jpg

BRMの参加者は、まず、このマイニングによる収益から配当を得るのですが、マイニング投資にももちろんリスクがあります。

どのようなリスクがあるかというと、ライバルの参入・半減期による難易度の上昇や、マイニングしている通貨の価格下落と言ったリスクがあります。

ライバルと半減期ですが、ビットコインを初め、仮想通貨の多くはマイニングにより演算を早くこなした人に配当が配られるので、沢山の人が参入してくるとライバルが増えるので、配当をもらえる確率が少なくなります。

また、半減期により得られる通貨の枚数も減るので自然に難易度が上昇します。今後、より高性能な採掘ソフトを開発し導入出来なければ、ライバルに淘汰される可能性があるということです。

マイニングしている通貨の下落は、マイニングだけでなく仮想通貨へ両替した瞬間からリスクとして存在します。仮想通貨の種類によって、高騰、暴落のリスクはあります。予定している利回りも、価格が半分になれば利回りも半分なので回収するのに時間が長くなりますね。

AIトレード.jpg

BRMでは、参加者に、より安定した配当を出すため、アービトラージを採用しております。アービトラージとは相場の価格差を利用して利益を得る取引のことです。

どのようなことかと言うと、仮想通貨取引所によって、微妙に価格差が出るものなのですが、例えば、ビットコインを価格の安い取引所で購入し、価格の高い取引所で売る事によって、差益が出ます。これがアービトラージの仕組みです。

BRMはアービトラージAIトレードシステム「CRYPT ENGINE」を採用しております。蓄積された膨大なデータを基に、暗号通貨同士の「最大の差益」をき出し、堅実な取引を行います。

AIにより自動売買が行われるので、人の手によるタイムロスなどが生じないシステムです。実際に仮想通貨取引所を運営している企業との提携があるからこそ成り立つシステムと言えます。

BRMの報酬は、すべて運用益からの支払いとなります。他の案件の多くは、参加者が支払いした、何割かを紹介報酬として支払います。

その為、参加者は投資した時点で、本来の投資金よりも少ない資金で運用をしなければならず、不利な状況となっております。

しかしBRMの場合は、参加者が投資した資金の全てを運用に回し、そこで出た利益から、参加者への報酬と紹介者への報酬を支払うので、安全・健全な運営が可能となっております。

コイン高騰.jpg

報酬は、世間に出回っている案件の多くが、各案件の独自のマイページに反映され、報酬を自分で自分が持ってるウォレットへ決められた日に出金作業をします。

送金されるまでに時間がかかる、また、出金処理を忘れていると報酬が受け取れない(独自のマイページに残ったままで、利用、売買出来ない)というような不便な点がありました。

BRMは毎月15日と月末に自動で自身のウォレットに着金します。(ただし、100$以下の配当はBRMの独自ウォレットに入ったままで、100$を超えると送金されます。)

これって、マイニングに参加経験者の方は、かなり便利ってわかりますよね?

今現在は、ビットコインによって配当が入りますが、今後、他の仮想通貨に変わる可能性があります。

ハードフォーク_2.jpg

仮想通貨の世界では、新たな仮想通貨が登場したり、ハードフォーク(分裂)と言う仮想通貨を改良して新たな仮想通貨が出来る事があります。

これは、様々な理由がありますが、今、仮想通貨のメインとなっているビットコインにも、新たなハードフォークの噂があります。

ビットコインの売買や送金が頻繁に行われる事から、ブロックチェーンが混雑し、送金が遅くなるなどの不具合を改善すべく、ビットコインアンリミテッド(BTU)が登場し、さらなる利便性が上がる可能性が高いです。

後は、世間に出てくるのを待つだけですが、もし、世間に出てきたら、これはとんでもない価値になる事だと予想出来ます。

そして、BRMはこのBTUマイニングの独占契約に成功しています。
BRM参加しているメンバーは、BTUをマイニング出来るという事になります。非常に期待が持てますね。

そして、BRMは、ガラス張りの運営を約束しています。

ハッシュレートやマイニング量、AIトレード実績を公開することや、マイニング工場の動画を公開するなど実運営しているところを公開します。これは、非常に重要な事ですね。

コインアップ.jpg

さて、実際にBRMに参加する方法と費用ですが、BRMは1口 500$+登録料30$(登録費毎年更新)となります。(1口約61,000円)1$=115円換算です。

BRMでは、紹介者がいないと参加出来ません

口数による特典として、10000$、30000$購入で、それぞれに紹介者特典が付きます。

2017年11/15~2018年2/15までキャンペーン期間中にご登録の方は、
特別登録として、10000$→6000$、30000$→20000$の減額で、紹介者特典が付きます。

※2018/2/15追記:
今回のコインチェックへのハッキング問題で、コインチェックより出金しBRMへ入金する事が出来ない方が多い事から、2018年3/15までキャンペーンが延長となりました!

BRMは投資金に対し毎月16%の運用益を目標としています。その売上の配分を、

1年目 投資家への配当 51.875% 紹介者への報酬 35.625% 運営 12.5%
2年目 投資家への配当 25~32% 紹介者への報酬 55.5~62.5% 運営 12.5%

細かい計算になるので、1年目は投資額(登録料を除いた1口あたり500$)の、月8%、2年目以降は月4~5%の配当となる予定です。

これは、紹介者への報酬を除いた配当予定で、BRMが存続する限り、半永久的に継続。

つまり、人に紹介しなくても、十分に満足いただける配当ですね。

しかも、2017年11/15~2018年3/15までのャンペーン期間中にご登録の方は、年間ボーナスとして最後のお支払い時に投資額の20%を上乗せで報酬を受け取れます。

コイン儲かる.jpg

BRMメリットまとめ

①マイニング+アービトラージ運用で、安定した収益が可能。

②配当は個人のウォレットに自動送金。

③ビットコインアンリミテッドの独占契約に成功し、このBTUマイニングに参加出来る可能性が高い。

紹介者報酬無しでも、投資金に対して、1年目は投資額(登録料を除いた1口あたり500$)の、月8%、2年目以降は月4~5%の配当が、半永久的に見込める。

2017年11/15~2018年3/15までのキャンペーン期間中に登録参加すると、低価格での紹介者特典と年間ボーナスとして投資額の20%の上乗せ報酬

それでは、「BRM登録方法」で、実際に登録してみましょう。